こっちも更新が滞っていると、本気でYoutubeアフィリにハマっていると思われてしまいますので、一発かましておきましょう。

4/8より一週間限定でキャンペーンを実施する、Catch the Webさんのキーワードリサーチツール、Pandora2を入手しましたので、こいつをネタに。


Pandora2/キーワードツールの決定版

Pandora2/キーワードツールの決定版

販売者:Catch the Web Asia 横山さん/販売ASP:Catch the Web

こっち→キーワードツール/Pandora2レビュー

では、ボクが今ハマっているYoutubeアフィリエイトで使えるかも?的なことを書きましたけど、うちの読者さんの属性としては、まずそもそものキーワード探索ツールの使い方について、お伝えしておくべきかなと思いますので、こちらのサイトではその辺を。

キーワードツールの使い方

ももんがYUIKAなどのキーワード探索ツールってのは、文字通り、検索されていることが多いキーワードをネット上からクリック一発で探してくる便利なツール。

最近では、それだけでは無く、サジェストワードなどの関連キーワード探索をはじめとする、付加機能を実装したツールが次々にリリースされています。

これらのツールで掘り起こされるキーワードは、お宝キーワードなどと表現されますので、一見すると、そのキーワードで記事を書けば、なんとなく楽して稼げそうな雰囲気を感じてしまいますよね?

まあ、ことはそれほど単純では無いということくらいは、いい加減あなたにもお解りいただけると思うんですけど、じゃあどんな使い方をすれば良いのか?というところをお伝えしたいと思います。

結論としては、需要のボリュームを察知することを意識し、使いましょう、ということです。

トレンドキーワードなどは、虫眼鏡キーワードの見方さえ理解してしまえば、割と簡単にアクセスを集めることは出来ますが、本格的なサイトアフィリエイトを構築して、稼いでいくには、安易にツールに頼るだけの運営はするべきではありません。

つまり、ツールが教えてくれるキーワードをそのまま使って喜んではいけませんよ、ということ。

キーワード探索ツールで知ることが出来るのは、検索者の気持ちのヒントと、そのボリュームです。

サイトを構築する=コンテンツを用意するということですから、いくらそのキーワード自体に需要があっても、そして検索する人が多くても、その需要に対する価値ある情報の供給が出来なければ、稼ぐことは出来ないんです。

サイトアフィリエイトの、基本中の基本である「コンテンツの作成」ってやつですね。

そのあたりがままならないうちは、いくらキーワードツールを使ってヒントを得ても、ボクは活かしきれない可能性が高いと思うんですよ。

まずは身の丈にあったスキルアップ実践を

そんなボクには思いがありますから、タイピングすらままならないとか、そもそもコンテンツって何よ?っていうレベルの人向けに、下剋上の特典を思いついたワケですし、もうちょっと上のレベル、そう、実践経験が少ない人向けには、CWスタディエイドを推奨しているのです。

キーワード探索ツールを活用するのは、その後からでも、決して遅くはありません。

確かに、成果が出るまでには、それなりに時間が掛かりますけど、コレクターとなって回り道をするよりは、遥かに有効な時間の使い方だと思うんですよね。

まずはあなたの身の丈にあったスキルアップ方法の実践を。

みつおは推奨致します。

それでも早く成果を上げたいというあなたへ

それは理解しているんですけど、どうしても結果を急ぐんです!

まあ、そんな方も実際にはいることでしょう。

あんまり気張っても、良いことはないんですけどw

まあ覚悟が道を開くこともありますので、死ぬ気で取り組むということであれば、アフィリエイト戦術としてPPCを極めるっていうのも手だとは思います。

何度か書いてますが、ボクはイージー過ぎると考えていますので、全く手を出していませんケド、さっき挙げたサイトアフィリエイトの基本中の基本である、コンテンツの作成とかライティングスキルとかの要件を、全部すっ飛ばして、キーワード選定だけに絞れますからね。

Pandora2は、そんな覚悟を持つ人に、かなり役立つツールになりそうな感じはしています。


Pandora2/キーワードツールの決定版

Pandora2/キーワードツールの決定版

みつおにメールしてみる?