本当に稼げる副業ランキングを信じてはいけない理由

コロナ禍の現在、収入が激減しているかたは、決して少なくないでしょう。

リモートで対策できている業種はまだしも、飲食店をはじめ、これまでとはまったく異なるスタイルを、求められる商売をしているかたは、文字通り死活問題に直面しているワケです。

そんな時代ですから、副業を探している人も少なくないようです。

今の仕事を辞める、という決断はなかなかできませんが、減ってしまった収入分をカバーできる仕事を探したいってところでしょうか。

本当に稼げる副業ランキングを信じてはいけない理由

さて、ネットで「稼げる副業」と検索してみると、こんなサイトが目につきます。

・スマホで出来る副業10選

・本当に儲かる副業ベスト20

・おすすめの在宅副業51選

スマホで出来る」ってのは、おおかた主婦をはじめとする、女性をターゲットにした記事と推測できます。

また「本当に」とあるものは、怪しい副業が多い中でのアピールなんでしょう。

ていうか、そういう発想にいたる人のほうを、ボクは怪しく思っちゃいますけどね。

まあその辺は置いといて、ボクが気になるのは、その選択肢。

10選、ベスト20、しまいにゃ51選と。

これらは全部、個人のサイトですから、運営者の主張をもっと訴求して欲しいと思いますし、そうすべきだと思うんです。

なので理想はベスト3とか、多くても7つくらいに絞って欲しいところ。

それを20とか51とかって、ほとんど選んでないじゃんって思うんですよ。

これ、野球のコーチがネクストバッターに、こんなアドバイスを送ってるのといっしょですよ。

あのピッチャー、真っすぐが早いから、差し込まれないようにしろ。あと、カーブは曲がりが大きいから、空振りに気を付けろ。それとシンカーとフォークとツーシーム系は落ち幅が大きいからな

こんなのアドバイスでもなんでもないですよね。

いや、確かに大きく括れば、副業の種類なんてもっとたくさんありますから、間違いでも嘘でもないんです。

只、中身を見てみると、案の定そこには運営者の都合による、案件の斡旋リンクが散りばめられているだけ。

とどのつまり、「運営者が儲かるサイト51選」ともとれるワケなんです。

なので、この手のサイト情報、ボクはあまり鵜呑みにしないほうがいいと思うんですよね。

本当に儲かる副業の本当の探し方

ということで今日の結論。

本当に儲かる副業の本当の探し方。

それはやっぱり、あなた自らが精査し、リスクと報酬の按分を見定めて、経験していくしかないってことですな。

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト管理人のみつおです。




アラフォー時代に、ネットビジネスの魅力に引き寄せられ、気が付けば40を超え会社を設立。
ついには専業にまでなってしまいました。
世のお父さん方の味方になるべく、手軽に稼げる情報から、ガッツリ稼げる情報を発信して、ともに「らしい人生」を謳歌したいですね。

みつおはメールをお待ちしています。



ネットビジネスのお問い合わせはお気軽にお寄せ下さいませ。

サイトアフィリエイター必須ツール

このページの先頭へ