AIロボット2極!All in Oneアクセスアップツール!SEO対策がホントにこれ1本でOK? (株)e-FLAGS  楠山高広さん

せどりなんちゃらでお馴染みの、(株)e-FLAGSさんから、何とも「今さら?」感が満々に漂う感じのツールが発売されています。



All in Oneアクセスアップツール!AIロボット2極!SEO対策がこれ1本でOK!

All in Oneアクセスアップツール!AIロボット2極!SEO対策がこれ1本でOK!

販売者:(株)e-FLAGS  楠山高広さん/販売ASP:インフォトップ




AIロボット2極の機能とSEOの考え方



実装しているのは、


  • サイト・ブログ複数一括管理

  • タイトルのランダム登録

  • サイトのインデックス状況チェック

  • 中小検索エンジン収集&登録機能

  • ブックマーク自動登録

  • コメント投稿

  • ping送信



これらを、ゆらぎを伴い自動で行うとのことですが・・・


5年前ならいざ知らず、コンテンツSEOが本流の現在で、これらの機能を実装してリリースするのは、どんな意図があるのでしょうか。


まあ、決して全否定するつもりはないんですけど、ちょっと頭を捻るところはありますね。


ただ、販売ページを読み進めていくと、こんな見出しがありました。





これには全くの同意です。


今も昔も、コンテンツが大事でありますが、被リンクだって今後も大事な要素。


だって、検索エンジンが順位表示という形態をとっている以上、必ず1位~●位までの順位付けをされるワケですから、どこかで競合よりも優位に立たなければなりません。


仮にコンテンツが同レベルの場合は、それこそドメインとか被リンクの加点ポイントによって、順位付けされるのは目に見えていますよね。


但し、ボクの経験上、被リンクに関しては、素人がツールで行って優位に立てるかと言えば、かなり怪しいと言わざるを得ません。


むしろ、ソーシャルブックマークとか、中小検索エンジンへの登録は、限りなく逆効果になる可能性を秘めていると思いますので、安直なリンク付けは注意が必要ですよ。


被リンクなんて、その効果を正確には目に見えないものなんですけど、ボクのイメージとしては、発リンク側と被リンク側の、パワーバランスが大事だと感じているんです。


新規ドメインで作ったサイトに、無料ブログからのリンクを、ガシガシブッコンでしまえば、一時は上がる可能性もゼロでは無いと思いますけど、長期的に見れば自殺行為であることは変わりません。


結局リンクを外すことになったとしても、それをまたグーグルに認識して貰うまでに時間が掛りますし・・・


てか、もうそういうこと自体がね、「手間」なんですよ。


なので、この手のSEO施策は、ブックマークを忘れたころに、手動でたまーに付けるくらいでちょうど良いのではないかな、という結論に達しました。


その結論に達して、もうすぐ3年が経過しますけど、収入は増える一方なのでw特段間違えていないかな、と思っています。



AIロボット2極!は使えるのか?



ということで、このツールは使う予定もありませんから、購入自体スルーしているので、使えないということは言いきれません。


あなたがどうしても魅力を感じてしまい、使う決心をされた場合は、ゆっくりゆっくり作業を進めて下さい。


てか、そうなると、ツールに頼る必要も無いんじゃないか?という噂もありますがw



All in Oneアクセスアップツール!AIロボット2極!SEO対策がこれ1本でOK!

All in Oneアクセスアップツール!AIロボット2極!SEO対策がこれ1本でOK!



あ、そうそう。


メインサイトリライターの追加特典ですけど、近々ネタが仕上がる予定です。


こいつが完成したら、更に追加機能を予定しているらしいPSWバージョン2にも、ようやく本腰を入れられます。


SEO対策は、この2つをメインに据えて貰いたいのが本音なんですけどねえ。


みつおにメールしてみる?

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト管理人のみつおです。




アラフォー時代に、ネットビジネスの魅力に引き寄せられ、気が付けば40を超え会社を設立。
ついには専業にまでなってしまいました。
世のお父さん方の味方になるべく、手軽に稼げる情報から、ガッツリ稼げる情報を発信して、ともに「らしい人生」を謳歌したいですね。

みつおはメールをお待ちしています。



ということで、ネットビジネスのお問い合わせはお気軽にお寄せ下さい(^^♪
(早ければ10分以内に、遅くとも36時間以内にお返事しています)

賢威:それはベストセラーテンプレート

サイトアフィリエイター必須ツール

このページの先頭へ