詐欺師の定義

情報商材を販売している=詐欺師。

情報商材アフィリエイトに取り組んでいる人=詐欺師。

 

なーんかそういう風に捉える風潮がありますね。

 

 

気になるので、詐欺師という言葉を確認してみます。

 

詐欺師=詐欺を常習とする者。かたり。いかさまし。

 

ふむ。常習する、という前置きはありますが、

詐欺を行う者という解釈で概ね間違いは無いですね。

 

じゃあ、詐欺とは?

 

他人をだまして、金品を奪ったり損害を与えたりすること。

他人を欺く行為。

 

とあります。

 

だます、欺く(あざむく)行為自体が、詐欺にあたるという事ですな。

 

ちなみに、

だます=うそを言って、本当でないことを本当であると思い込ませる。

欺く=言葉巧みにうそを言って、相手に本当だと思わせる。

 

欺くほうが、言葉巧みに、という注釈が入っている分、

より高度なテクニックを必要としているっぽいですが(笑)

とどのつまりは、うそを言うことが、だます、欺くという事の

必須条件であることが解りました。

 

ということは、詐欺師とは

「言葉巧みに嘘を言って、他人に常習的に損害を与える人間」

と定義出来ます。

 

 

なるほど。

冒頭に書いた風潮は、一見問題無いと思えます。

 

でも、ことはそんなに単純では無いですよ。

 

 

ボクが思うに、幅を利かせている業界人は、決して詐欺師では無いと思うんです。

 

だって、言葉巧みに

「限り無く嘘っぽい話を嘘にならないように書いている」

方々が圧倒的に多いです。

 

これ、嘘を書くこととは、似て非なるもの。

 

HPを利用していることから、常習的にという縛りは該当するでしょうけど、

嘘をついている、というところは、大物系に限って言えば、

よほどのトンマやおのぼりさんで無い限り、巧妙に嘘になっていないケースが多いです。

 

ここが特に縦長のセールスレターでは、一番読み間違え易いところですね。

 

 

あ、でも、あったりまえですけど、

「だから奴らの言う事を信じて情報商材を買いましょう」

なんて安いことを言うつもりは更々ありません。

 

言うならば、奴らは

「合法的に搾取するプロ」を「自らの意思のもと」

目指していて、日々業務に邁進している訳です。

 

ボクは、搾取するなどとは、毛頭考えておりませんが、

この記事は、自戒の意も込め、書きました。

 

 

みつおへメールしてみる?

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト管理人のみつおです。




アラフォー時代に、ネットビジネスの魅力に引き寄せられ、気が付けば40を超え会社を設立。
ついには専業にまでなってしまいました。
世のお父さん方の味方になるべく、手軽に稼げる情報から、ガッツリ稼げる情報を発信して、ともに「らしい人生」を謳歌したいですね。

みつおはメールをお待ちしています。



ということで、ネットビジネスのお問い合わせはお気軽にお寄せ下さい(^^♪
(早ければ10分以内に、遅くとも36時間以内にお返事しています)

賢威:それはベストセラーテンプレート

サイトアフィリエイター必須ツール

このページの先頭へ