知的遊戯

古くは寄席。一昔前は漫才。

最近ではお笑いも「LIVE」という言葉を使いますが、

要は芸人が人を笑わせる事を目的とした催しを行い、

それにより収益を得ることは、昔から行われていました。

 

 

これは芸ごと、つまり形としては残らない物を鑑賞して、

知的遊戯を楽しみ、後の生活の糧とすることです。

 

 

笑うという行為。楽しむという行為。

それを実現するには、自ら創意工夫が実は必要です。

 

 

簡潔に言えば、知的遊戯を楽しむためには、半分くらい提供され、

あとは聴き手(受け手)が、各々想像を膨らませ、クスっと笑う。

その笑いは人により違う。

だから面白いわけです。

 

 

このように、形の無い物に対価を払うことは、

本来、全くおかしな事では無いのです。

後は楽しめるか楽しめないかの違いです。

 

 

近年、余りにも提供する側が、「ここで笑いなさい」という

仕掛けを施し過ぎて、受け手の創意工夫の余地が無い環境が

整えられ過ぎている感は否定出来ません。

 

 

テレビのテロップやら、効果音が最たる例です。

知的遊戯を奪われること、これすなわち思考力を育む環境を

奪われていることです。

 

 

楽しいことであれば、人は持続出来ますけど、

このような環境でTVを見るという行為を続けても、

得られるものは、うわべだけの人付き合いと、

うわべだけのセールスレターの甘い誘惑に期待し過ぎてしまう

能力だけかも知れません。

 

 

みつおへメールしてみる?

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト管理人のみつおです。




アラフォー時代に、ネットビジネスの魅力に引き寄せられ、気が付けば40を超え会社を設立。
ついには専業にまでなってしまいました。
世のお父さん方の味方になるべく、手軽に稼げる情報から、ガッツリ稼げる情報を発信して、ともに「らしい人生」を謳歌したいですね。

みつおはメールをお待ちしています。



ということで、ネットビジネスのお問い合わせはお気軽にお寄せ下さい(^^♪
(早ければ10分以内に、遅くとも36時間以内にお返事しています)

賢威:それはベストセラーテンプレート

サイトアフィリエイター必須ツール

このページの先頭へ